広告 ウォーターサーバー

ウォーターサーバーはどんな人におすすめ?メリット・デメリットと選び方を徹底解説

ウォーターサーバーは、自宅やオフィスで美味しい水を手軽に飲める便利なアイテムです。

しかし、ウォーターサーバーは本当に必要なのでしょうか?ウォーターサーバーにはメリットだけでなく、デメリットやコストもあります。

また、ウォーターサーバーの種類やプランも多く、どれを選べば良いのか迷ってしまうかもしれません。

この記事では、ウォーターサーバーの必要性について、メリット・デメリットや選び方を徹底解説します。

ウォーターサーバーはどんな人におすすめなのか、自分に合ったものを見つけるためのポイントを紹介します。ウォーターサーバーを導入するかどうか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

ウォーターサーバーとは何か?

ウォーターサーバーとは、水を入れたボトルや水道管に接続したサーバーから、冷水や温水を出せる機器のことです。

ウォーターサーバーには主に以下の3種類があります。

  • ボトル交換型:水を入れたボトルをサーバーにセットして使うタイプです。ボトルは宅配サービスで届けてもらえます。
  • 水道直結型:水道管に直接接続して使うタイプです。ボトル交換や宅配の必要がありません。
  • 浄水器型:水道管に接続して浄水器で水質を改善して使うタイプです。ボトル交換や宅配の必要がありません。

ウォーターサーバーのメリットとは?

ウォーターサーバーには、以下のようなメリットがあります。

  • 水を飲む習慣ができる
  • 冷水や温水がすぐに使える
  • 料理や飲み物が美味しくなる
  • 重い水を買いに行く必要がなくなる
  • 備蓄用の水にもなる
  • ペットボトルのゴミが減る
  • 部屋のインテリアになる

水を飲む習慣ができる

ウォーターサーバーがあると、水を飲むことが習慣になります。

人間は1日に最低でも1.5Lの水分補給が必要だと言われていますが、普通に生活していると水を飲む機会が少ないかもしれません。

ウォーターサーバーがあれば、水を飲む機会が増えます。

適量の水を飲むことで、ストレスや不眠の解消・疲労回復・むくみや便秘の解消・ダイエット・美肌効果などが期待できます。

冷水や温水がすぐに使える

ウォーターサーバーは冷水や温水が出せるので、お湯を沸かす手間や冷蔵庫に水を入れておくスペースが省けます。

冷たい水は熱中症や猛暑の対策にもなりますし、温水はお茶やコーヒーなどを簡単に飲めます。

赤ちゃんのミルクを作る場合も便利です。

料理や飲み物が美味しくなる

ウォーターサーバーの水は品質が高く、カルキ臭や不純物が少ないです。

そのため、料理や飲み物に使用すると風味が良くなります。特にお米を炊く場合は、ウォーターサーバーの軟水がおすすめです。

軟水は米粒をふっくらさせて甘みを引き出します。

重い水を買いに行く必要がなくなる

ウォーターサーバーは水が宅配されるので、重い水を自宅まで運ぶ必要がありません。

ペットボトルの水を買う場合は、2Lの水を3本購入すると6kgになりますが、6kg以上の荷物を持ち運ぶのは大変です。ウォーターサーバーがあれば、その手間が省けます。

備蓄用の水にもなる

ウォーターサーバーの水は備蓄用の水としても利用できます。

災害時には水道が使えなくなることもありますが、ウォーターサーバーは電気がなくても水が出せるものが多いです。

ウォーターサーバーのボトルはペットボトルよりも大きいので、備蓄水に適しています。

ペットボトルのゴミが減る

ウォーターサーバーがあると、ペットボトルのゴミを減らすことにつながります。

ペットボトルの水を飲むことが多い場合、ペットボトルを処分する必要があります。

ペットボトルの収集は月に1回しかない地域もあり、部屋がペットボトルだらけになることもあります。

ウォーターサーバーのボトルは大型なので本数が少なくなり、空になったボトルは回収してもらえます。

部屋のインテリアになる

ウォーターサーバーはおしゃれでインテリアとして使えるものもあります。

ウォーターサーバーは大きく存在感があるものが多いので、部屋の雰囲気を壊してしまうと心配する人もいるかもしれません。

しかし、デザイン性の高いウォーターサーバーを設置すれば、部屋をよりおしゃれな雰囲気にすることもできます。

ウォーターサーバーはおしゃれでインテリアとして使えるものもあります。

ウォーターサーバーは大きく存在感があるものが多いので、部屋の雰囲気を壊してしまうと心配する人もいるかもしれません。

しかし、デザイン性の高いウォーターサーバーを設置すれば、部屋をよりおしゃれな雰囲気にすることもできます。カラーバリエーションが豊富なウォーターサーバーもあるので、部屋のインテリアにマッチしたものを選べます。

ウォーターサーバーのデメリットとは?

ウォーターサーバーにはメリットだけでなく、以下のようなデメリットもあります。

  • 電気代や水代などのランニングコストがかさむ
  • サーバーを設置するスペースが必要
  • ボトル交換やメンテナンスが面倒
  • 水質や味にバラつきがある
  • 水道直結型では水道水と同じ問題がある

電気代や水代などのランニングコストがかさむ

ウォーターサーバーはランニングコストがかかります。

電気代や水代だけでなく、サーバーのレンタル料やサポート料、メンテナンス料なども発生する場合があります。

一人暮らしや少人数世帯では、ペットボトルや浄水器よりもコスパが悪いと感じるかもしれません。

サーバーを設置するスペースが必要

ウォーターサーバーはサイズが大きいので、設置するスペースが必要です。

キッチンやリビングなどに置く場合は、コンセントの位置や配線の問題も考えなければなりません。

また、サーバーの下にはボトルを収納するスペースも必要です。部屋が狭い場合やレイアウトが制限される場合は、ウォーターサーバーを置くのが難しいかもしれません。

ボトル交換やメンテナンスが面倒

ウォーターサーバーはボトル交換やメンテナンスが必要です。

ボトル交換は水がなくなるたびに行わなければなりませんが、ボトルは重くて持ち上げるのが大変です。

また、ボトル交換のタイミングや頻度は自分で管理しなければなりません。

メンテナンスはサーバーの清掃や消毒を定期的に行うことで、水質や衛生を保つことができます。

しかし、メンテナンスは手間がかかるうえに、専門業者に依頼すると費用もかかります。

水質や味にバラつきがある

ウォーターサーバーの水は、天然水やRO水などの種類や産地によって水質や味にバラつきがあります。

天然水はミネラルが豊富ですが、硬度が高くて苦味がある場合もあります。RO水は純度が高くて味が薄い場合もあります。

また、産地によっても水質や味に違いがあります。自分の好みに合った水を選ぶことが大切です。

水道直結型では水道水と同じ問題がある

ウォーターサーバーには水道直結型という種類もあります。

水道直結型はボトル交換や宅配の必要がなく、コストも安いというメリットがあります。しかし、水道直結型では水道水と同じ問題があります。

水道水は塩素やカルキ臭、不純物などが含まれている場合があります。また、配管の汚れや錆びなども影響します。水道直結型では浄水器を使って水質を改善することもできますが、浄水器の交換やメンテナンスも必要です。

ウォーターサーバーの選び方のポイントとは?

ウォーターサーバーを選ぶ際には、以下のようなポイントを考慮すると良いでしょう。

  • 水の種類や産地
  • サーバーのサイズやデザイン
  • プランの内容や料金
  • サポートやアフターサービス
  • 口コミや評判

水の種類や産地

ウォーターサーバーの水は天然水やRO水などの種類や産地によって違います。自分の好みに合った水を選ぶことが大切です。

水の種類や産地によっては、ミネラルや成分、味や香りなどが異なります。

また、水の品質や安全性にも影響します。水の種類や産地については、各ウォーターサーバー会社の公式サイトやカタログなどで確認できます。

サーバーのサイズやデザイン

ウォーターサーバーはサイズやデザインによっても違います。自分の部屋に合ったサーバーを選ぶことが大切です。

サーバーのサイズは設置するスペースやボトルの収納方法によって決まります。

サーバーのデザインは部屋のインテリアや雰囲気によって決まります。サーバーのサイズやデザインについては、各ウォーターサーバー会社の公式サイトやカタログなどで確認できます。

プランの内容や料金

ウォーターサーバーはプランの内容や料金によっても違います。

自分の予算や利用頻度に合ったプランを選ぶことが大切です。

プランの内容は水の種類や量、サーバーのレンタル有無、配送料やメンテナンス料などによって決まります。

プランの料金は水代やサーバー代、初期費用や解約費用などによって決まります。プランの内容や料金については、各ウォーターサーバー会社の公式サイトやカタログなどで確認できます。

 

サポートやアフターサービス

ウォーターサーバーはサポートやアフターサービスによっても違います。

自分の安心感や信頼感に合った会社を選ぶことが大切です。サポートやアフターサービスはボトル交換やメンテナンス、故障時の対応などに関わります。

また、電話対応やメール対応、コールセンターの営業時間なども重要です。

サポートやアフターサービスについては、各ウォーターサーバー会社の公式サイトやカタログなどで確認できます。

口コミや評判

ウォーターサーバーは口コミや評判によっても違います。自分の満足度や期待度に合った会社を選ぶことが大切です。

口コミや評判は水の味や品質、サーバーの使い勝手や故障率、プランのコスパやキャンペーン、サポートやアフターサービスなどに関する情報が得られます。

また、実際に利用した人の感想や体験談なども参考になります。口コミや評判については、インターネット上のレビューサイトやブログなどで確認できます。

まとめ

ウォーターサーバーはどんな人におすすめかというと、以下のような人です。

  • 水を飲む習慣をつけたい人
  • 冷水や温水を手軽に使いたい人
  • 料理や飲み物を美味しくしたい人
  • 重い水を買いに行くのが嫌な人
  • 備蓄用の水が欲しい人
  • ペットボトルのゴミを減らしたい人
  • 部屋のインテリアを楽しみたい人

ウォーターサーバーはメリットだけでなくデメリットもあります。デメリットとしては、以下のような点です。

  • 電気代や水代などのランニングコストがかさむ
  • サーバーを設置するスペースが必要
  • ボトル交換やメンテナンスが面倒
  • 水質や味にバラつきがある
  • 水道直結型では水道水と同じ問題がある

ウォーターサーバーを選ぶ際には、以下のようなポイントを考慮すると良いでしょう。

  • 水の種類や産地
  • サーバーのサイズやデザイン
  • プランの内容や料金
  • サポートやアフターサービス
  • 口コミや評判

この記事では、ウォーターサーバーの必要性について、メリット・デメリットと選び方を徹底解説しました。ウォーターサーバーは自分のライフスタイルやニーズに合わせて選ぶことが大切です。ウォーターサーバーで美味しい水を飲んで健康的な生活を送りましょう。

人気記事

豚肉の甘辛炒め弁当 まごころケア食 1

ウェルネスダイニングの商品が新しくなってさらに美味しくなった カロリー制限、塩分制限、たんぱく&塩分調整、糖質制限の4コースがパッケージも新しくなった   ウェルネスダイニング新工場 ...

-ウォーターサーバー