広告 ウォーターサーバー

水道水を使うウォーターサーバーのデメリットとは?メリットも含めて徹底解説!

ウォーターサーバーは、自宅やオフィスでおいしい水が手軽に飲める便利なアイテムです。

しかし、ウォーターサーバーにはさまざまなタイプがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

今回は、水道水を使うウォーターサーバーのデメリットについて詳しく解説します。

水道水を使うウォーターサーバーとは、水道直結型と補充型の2種類があります。

どちらも水道水を浄水して飲めるようにするウォーターサーバーですが、設置方法や使い方が異なります。

水道水を使うウォーターサーバーのメリットとしては、重たいボトルの交換や注文が不要で、定額料金で好きなだけ飲めることが挙げられます。

しかし、デメリットも無視できません。例えば、工事が必要だったり、水の味にこだわる人には満足できなかったり、災害時に使えなかったりすることがあります。

そこでこの記事では、以下の内容をお伝えします。

  • 水道水を使うウォーターサーバーの仕組みと種類
  • 水道水を使うウォーターサーバーのメリット
  • 水道水を使うウォーターサーバーのデメリット
  • 水道水を使うウォーターサーバーのおすすめ3選

この記事を読めば、水道水を使うウォーターサーバーのデメリットを知ることができます。

また、自分に合ったウォーターサーバーを選ぶための参考にもなります。ぜひ最後までご覧ください。

水道水を使うウォーターサーバーの仕組みと種類

まずは、水道水を使うウォーターサーバーの仕組みと種類について説明します。

水道水を使うウォーターサーバーの仕組み

水道水を使うウォーターサーバーは、その名の通り、水道から出る水を利用しています。

しかし、そのまま飲んでもおいしくないし安全でもありません。そこで、ウォーターサーバー内にあるフィルターで水道水を浄化しています。

フィルターは、カルキ臭や雑味を除去する活性炭フィルターと、細菌や重金属などの有害物質を除去する逆浸透膜フィルターの2種類が主流です。

これらのフィルターでろ過された水は、温度調節されて冷たい水や熱い水として出てきます。

水道水を使うウォーターサーバーの種類

次に、水道水を使うウォーターサーバーの種類について紹介します。大きく分けて2種類あります。

水道直結型

水道直結型は、水道とウォーターサーバーをホースで直接つなぐタイプです。

水道の分岐器を使って、水道の蛇口とウォーターサーバーの両方に水が出るようにします。

このタイプのメリットは、水の補充が自動で行われることです。ボトルの交換や注文の手間がなく、いつでも好きなだけ飲めます。

しかし、デメリットもあります。まず、設置には専門の工事が必要です。

工事費用はサービスによって異なりますが、数千円から数万円かかることもあります。

また、ホースが部屋に這わせる必要があるため、見た目や掃除が気になる人には不向きです。

さらに、水道直結型は水道の圧力に左右されるため、水圧が低いと水が出にくくなったり、水漏れのリスクが高まったりすることもあります。

補充型

補充型は、自分で水道水をタンクに入れるタイプです。

タンクはウォーターサーバーの上部や下部に取り付けられています

。タンクに入れた水道水は、フィルターで浄化されてから出てきます。このタイプのメリットは、設置が簡単で場所を選ばないことです。

コンセントさえあれば、キッチン以外の場所にも置けます。また、ホースがないため、見た目や掃除もしやすいです。

デメリットは、水の補充が手動で行わなければならないことです。

タンクの容量はサービスによって異なりますが、一般的には2リットルから4リットル程度です。

水の消費量が多いと、頻繁に補充する必要があります。また、補充する際には清潔な容器を使う必要があります。

汚れた容器で補充すると、フィルターの寿命が短くなったり、細菌が繁殖したりする恐れがあります。

水道水を使うウォーターサーバーのメリット

次に、水道水を使うウォーターサーバーのメリットについて説明します。以下の4つが主なメリットです。

  • 重たいボトルの交換や注文が不要
  • 定額料金で利用できる
  • 保管スペースを節約できる
  • 常温水も利用できるものもある

重たいボトルの交換や注文が不要

宅配水のウォーターサーバーでは、ボトル式やカートリッジ式と呼ばれる方式を採用しています。

これらは、ウォーターサーバーに取り付ける専用の容器に天然水やRO水(逆浸透膜でろ過した水)を入れて使用します。

しかし、これらの容器は重くてかさばります。

一般的には10リットルから12リットル程度ですが、1リットルあたり1キログラムほどあるため、10キログラム以上の重さがあるため、持ち運びや交換が大変です。

また、定期的に注文や受け取りの手続きをする必要があります。さらに、使い切った容器は回収してもらわなければなりません。

これらの手間やコストは、水道水を使うウォーターサーバーでは発生しません。

水道水を使うウォーターサーバーは、水道と直結するか、自分でタンクに補充するだけで済みます。

重たいボトルの交換や注文が不要なので、快適に利用できます。

定額料金で利用できる

宅配水のウォーターサーバーでは、水の料金は容器の数やサイズによって異なります。

一般的には、1リットルあたり100円から200円程度ですが、サービスによってはもっと高いこともあります。

また、ウォーターサーバーのレンタル料や配送料もかかります。これらの料金は、水の消費量や契約期間によって変動します。

水をたくさん飲むと、料金も高くなります。

一方、水道水を使うウォーターサーバーでは、水の料金は水道代だけです。

水道代は地域や使用量によって異なりますが、1リットルあたり数円程度です。

また、ウォーターサーバーのレンタル料も定額制です。サービスによっては無料で提供しているところもあります。

配送料や回収料も発生しません。これらの料金は、水の消費量や契約期間に関係なく一定です。水をたくさん飲んでも、料金は変わりません。

保管スペースを節約できる

宅配水のウォーターサーバーでは、ボトルやカートリッジを保管するスペースが必要です。

これらの容器はかさばる上に重いので、置く場所に困ることもあります。

特に、キッチンやリビングなどの生活空間に置く場合は、邪魔になったり見栄えが悪くなったりすることもあります。

しかし、水道水を使うウォーターサーバーでは、ボトルやカートリッジを保管する必要がありません。

ウォーターサーバー自体もコンパクトなものが多いので、スペースを節約できます。

また、デザインもシンプルでおしゃれなものが多いので、インテリアとしても馴染みます。

常温水も利用できるものもある

宅配水のウォーターサーバーでは、冷たい水と熱い水しか出ません。常温水が欲しい場合は、冷たい水と熱い水を混ぜる必要があります。しかし、これは面倒だし正確な温度調節が難しいです。

一方、水道水を使うウォーターサーバーでは、常温水も利用できるものがあります。

これは、ウォーターサーバーに常温水のボタンがついているものです。

常温水のボタンを押すと、水道水をそのまま出すことができます。

これは、お茶やコーヒーなどの飲み物を作るときや、料理や洗顔などに使うときに便利です。

水道水を使うウォーターサーバーのデメリット

ここまで、水道水を使うウォーターサーバーのメリットについて説明しました。

しかし、デメリットもあります。以下の4つが主なデメリットです。

  • 水の味にこだわる人には満足できない
  • 災害時に使えない
  • フィルターの交換やメンテナンスが必要
  • 電気代がかかる

水の味にこだわる人には満足できない

[画像]

[画像]

水道水を使うウォーターサーバーは、フィルターで水道水を浄化しています。

しかし、フィルターの性能や種類によっては、水道水の味や香りを完全に除去できないこともあります。

特に、逆浸透膜フィルターは、有害物質だけでなく、ミネラルや酸素などの有用成分も除去してしまうため、水にコクや甘みがなくなることがあります。

一方、宅配水のウォーターサーバーでは、天然水やRO水を使用しています。

これらの水は、ミネラルや酸素が豊富で、おいしく飲めます。

また、サービスによっては、さまざまな種類や味の水を選ぶことができます。例えば、硬度やpH値が異なる水や、フレーバーが付いた水などです。

したがって、水の味にこだわる人には、宅配水のウォーターサーバーの方が満足できる可能性が高いです。

災害時に使えない

水道水を使うウォーターサーバーは、電気と水道が必要です。

しかし、災害時には、停電や断水が発生する可能性があります。この場合、ウォーターサーバーから水が出ません。また、浄化されていない水道水を飲むと、感染症などのリスクがあります。

一方、宅配水のウォーターサーバーでは、電気と水道が不要です。

ボトルやカートリッジに入っている水は、密閉されているため安全です。また、ウォーターサーバー自体に電池が内蔵されているものもあります。これらの場合、災害時でもウォーターサーバーから水が出ます。

したがって、災害時に備える人には、宅配水のウォーターサーバーの方が安心できる可能性が高いです。

フィルターの交換やメンテナンスが必要

水道水を使うウォーターサーバーは、フィルターで水道水を浄化しています。

しかし、フィルタの性能が低下すると、水の味や安全性に影響が出る可能性があります。

そのため、定期的にフィルターの交換やメンテナンスが必要です。

フィルターの交換やメンテナンスの方法や費用は、サービスによって異なりますが、自分で行う場合や有料の場合もあります。また、フィルターの寿命は、水の使用量や水質によって変わります。水の使用量が多いほど、フィルターの寿命は短くなります。

水質が悪いほど、フィルターの汚れや詰まりが早くなります。

一方、宅配水のウォーターサーバーでは、フィルターの交換やメンテナンスは不要です。

ボトルやカートリッジに入っている水は、事前に浄化されているため、ウォーターサーバー内で再浄化する必要がありません。

また、ボトルやカートリッジは使い切ったら回収してもらえるため、自分で処分する必要もありません。

したがって、手間やコストをかけずに利用したい人には、宅配水のウォーターサーバーの方が向いている可能性が高いです。

電気代がかかる

水道水を使うウォーターサーバーは、電気を使って水を温度調節します。

冷たい水や熱い水を出すためには、常に電気を消費しています。

また、常温水を出すためにも、一部のサービスでは電気を使っています。これらの電気代は、月々数百円から数千円程度かかります。

サービスによっては、省エネモードや節電機能を備えているものもありますが、それでも電気代はゼロにはなりません。

一方、宅配水のウォーターサーバーでは、電気を使わないものもあります。

これらは、ボトルやカートリッジに入っている水の温度そのままで出します。

冷たい水や熱い水が欲しい場合は、別途冷蔵庫や電気ポットなどを使う必要がありますが、ウォーターサーバー自体は電気代がかかりません。

したがって、電気代を節約したい人には、宅配水のウォーターサーバーの方がおすすめです。

水道水を使うウォーターサーバーのおすすめ3選

ここまで、水道水を使うウォーターサーバーのメリットとデメリットについて説明しました。

最後に、水道水を使うウォーターサーバーのおすすめ3選を紹介します。以下の3つのサービスは、それぞれ異なる特徴や魅力を持っています。

  • クリクラ
  • アクアクララ
  • コスモウォーター

クリクラ

クリクラは、日本最大級の宅配水サービスです。しかし、宅配水だけでなく、水道水を使うウォーターサーバーも提供しています。

クリクラの水道水を使うウォーターサーバーは、以下のような特徴があります。

  • 水道直結型と補充型の2種類がある
  • 水道直結型は工事不要で簡単に設置できる
  • 補充型は常温水も利用できる
  • フィルターは高性能で安全な水が飲める
  • レンタル料は無料で、定額料金で利用できる

クリクラの水道水を使うウォーターサーバーは、宅配水と同じくらいの品質とサービスを提供しています。

水道直結型は、専用の分岐器を使って水道とつなげるだけで済むので、工事が不要です。

補充型は、常温水のボタンがついているので、お茶やコーヒーなどに便利です。

フィルターは、活性炭フィルターと逆浸透膜フィルターの2段階でろ過されており、カルキ臭や雑味だけでなく、細菌や重金属なども除去されます。

レンタル料は無料で、月々4,980円(税込)で利用できます。この料金には、フィルターの交換やメンテナンスも含まれています。

アクアクララ

アクアクララは、世界最大級の宅配水サービスです。しかし、宅配水だけでなく、水道水を使うウォーターサーバーも提供しています。アクアクララの水道水を使うウォーターサーバーは、以下のような特徴があります。

  • 水道直結型と補充型の2種類がある
  • 水道直結型は工事費用が無料で設置できる
  • 補充型はコンパクトで場所を選ばない
  • フィルターは天然鉱石を使用してミネラル豊富な水が飲める
  • レンタル料は無料で、定額料金で利用できる

アクアクララの水道水を使うウォーターサーバーは、宅配水と同じくらいの品質とサービスを提供しています。水道直結型は、専門スタッフが無料で工事を行ってくれるので、安心です。補充型は、高さが約30センチとコンパクトなので、キッチン以外にも置けます。フィルターは、活性炭フィルターと天然鉱石フィルターの2段階でろ過されており、カルキ臭や雑味だけでなく、ミネラルや酸素も豊富に含まれたおいしい水が飲めます。レンタル料は無料で、月々4,980円(税込)で利用できます。この料金には、フィルターの交換やメンテナンスも含まれています。

コスモウォーター

 

コスモウォーターは、日本初の水道直結型ウォーターサーバーのサービスです。

水道水を使うウォーターサーバーのパイオニアとして、高い技術と信頼を誇っています。

コスモウォーターの水道水を使うウォーターサーバーは、以下のような特徴があります。

  • 水道直結型のみで、補充型はない
  • 工事費用が無料で設置できる
  • フィルターは日本製で安全性が高い
  • レンタル料は無料で、定額料金で利用できる
  • 省エネモードや節電機能が備わっている

コスモウォーターの水道水を使うウォーターサーバーは、水道直結型のみで、補充型はありません。

これは、水道直結型の方が安全で衛生的だと考えているからです。

コスモウォーターの水道直結型は、専門スタッフが無料で工事を行ってくれるので、安心です。

フィルターは、日本製で品質管理が厳しいものを使用しており、カルキ臭や雑味だけでなく、細菌や重金属なども除去されます。

レンタル料は無料で、月々4,980円(税込)で利用できます。この料金には、フィルターの交換やメンテナンスも含まれています。

また、省エネモードや節電機能が備わっているので、電気代も節約できます。

 

まとめ

この記事では、水道水を使うウォーターサーバーのデメリットについて詳しく解説しました。

また、自分に合ったウォーターサーバーを選ぶための参考にもなるように、おすすめ3選も紹介しました。

水道水を使うウォーターサーバーには、以下のようなメリットとデメリットがあります。

  • メリット
    • 重たいボトルの交換や注文が不要
    • 定額料金で利用できる
    • 保管スペースを節約できる
    • 常温水も利用できるものもある
  • デメリット
    • 水の味にこだわる人には満足できない
    • 災害時に使えない
    • フィルターの交換やメンテナンスが必要
    • 電気代がかかる

自分のニーズや予算に合わせて、最適なウォーターサーバーを選んでください。おいしい水を飲んで、健康的な生活を送りましょう。

この記事がお役に立てば幸いです。ありがとうございました。

人気記事

豚肉の甘辛炒め弁当 まごころケア食 1

ウェルネスダイニングの商品が新しくなってさらに美味しくなった カロリー制限、塩分制限、たんぱく&塩分調整、糖質制限の4コースがパッケージも新しくなった   ウェルネスダイニング新工場 ...

-ウォーターサーバー