広告 ウォーターサーバー

ウォーターサーバー無料のからくりを徹底解説!コスパの高いおすすめメーカーも紹介

ウォーターサーバーは、自宅やオフィスでいつでも冷水や温水が飲める便利なアイテムです。

しかし、ウォーターサーバーを導入するとなると、費用面が気になるところですよね。

そこで、今回はウォーターサーバーの費用に関する疑問にお答えします。

特に、「ウォーターサーバー無料」という言葉に惹かれている方も多いのではないでしょうか。

「ウォーターサーバー無料」とはどういう意味なのか?本当に無料で使えるのか?

無料だとどんなメリットやデメリットがあるのか?など、気になるからくりを徹底解説します。

さらに、コスパの高いおすすめのウォーターサーバー会社もご紹介します。

ウォーターサーバーを導入しようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

目次

  • ウォーターサーバー無料とは何か?サーバー代以外の費用をチェック
  • ウォーターサーバー無料のメリットとデメリットを比較
  • ウォーターサーバー無料のおすすめメーカー7選
  • ウォーターサーバー無料を選ぶ際の注意点とは?
  • まとめ

ウォーターサーバー無料とは何か?サーバー代以外の費用をチェック

まずは、「ウォーターサーバー無料」という言葉の意味について確認しましょう。

ウォーターサーバー無料とは、サーバー本体のレンタル料が無料になっていることを指します。

つまり、サーバー本体を借りるだけならお金がかからないということです。

しかし、サーバー本体だけでは水が出ません。水は別途購入する必要があります。また、電気代やメンテナンス費なども発生します。さらに、契約期間や解約金なども注意しなければなりません。

ウォーターサーバーの費用は以下のように内訳されます。

  • 初期費用:入会金や設置費用など
  • 水代:購入する水の料金
  • サーバー代:サーバー本体のレンタル料
  • 配送料:水を配達してもらう際の送料
  • 電気代:サーバーを使用する際にかかる電気代
  • メンテナンス費:サーバーの清掃や消毒など
  • 解約金:契約期間内に解約する際にかかる金額

これらの費用はメーカーやプランによって異なりますが、一般的には以下のような相場です。

費用 目安
初期費用 無料~8,800円
水代(12L) 2,000円~3,000円
サーバー代 無料~1,100円
配送料 無料~500円
電気代 500円~1,000円
メンテナンス費 無料~630円
解約金 10,000円~20,000円

ウォーターサーバー無料の場合、サーバー代が無料になっているので、月々の費用は水代と電気代だけになります。しかし、水代は市販のミネラルウォーターよりも高くなることが多いです。また、解約金も高額になることがあります。

つまり、ウォーターサーバー無料という言葉に惑わされずに、トータルコストを比較検討することが大切です。ウォーターサーバー無料のメリットとデメリットについては、次の項で詳しく解説します。

ウォーターサーバー無料のメリットとデメリットを比較

ウォーターサーバー無料にはメリットだけでなくデメリットもあります。それぞれの特徴を比較してみましょう。

メリット

  • サーバー代がかからない
  • サーバー本体の種類が豊富
  • サーバー本体の交換やメンテナンスが無料

サーバー代がかからない

ウォーターサーバー無料の最大のメリットは、サーバー代がかからないことです。

サーバー代は月に1,100円ほどかかることもあるので、それが無料になればランニングコストを抑えることができます。

サーバー本体の種類が豊富

ウォーターサーバー無料の場合、サーバー本体の種類が豊富です。

デザインや機能、サイズや色など、自分の好みや部屋に合ったものを選べます。例えば、以下のような特徴を持つサーバー本体があります。

  • ボトムロード式:水ボトルを下に収納するタイプで、重たい水を持ち上げる必要がない
  • コンパクトタイプ:サイズが小さくて省スペースで置ける
  • エコモード搭載:消費電力を節約できる
  • セルフクリーン機能:自動でサーバー内部を清潔に保つ

サーバー本体の交換やメンテナンスが無料

ウォーターサーバー無料の場合、サーバー本体の交換やメンテナンスが無料になっていることが多いです。

サーバー本体は定期的に清掃や消毒を行う必要がありますが、それらを業者に任せられるというのは安心です。また、故障や不具合が発生した場合も無料で修理してもらえる場合があります。

デメリット

  • 水代や解約金が高い
  • 注文ノルマや契約期間がある
  • 水質や味にバラつきがある

水代や解約金が高い

ウォーターサーバー無料の最大のデメリットは、水代や解約金が高いことです。

水代は市販のミネラルウォーターよりも高く設定されていることが多く、

月々2,000円~3,000円ほどかかることもあります。また、解約金も10,000円~20,000円ほどかかることもあります。

これらの費用は、サーバー本体を無料にする代わりに、メーカーが利益を得る仕組みになっています。

つまり、無料という言葉に騙されて、高い水代や解約金を払わされるというからくりです。

注文ノルマや契約期間がある

ウォーターサーバー無料の場合、注文ノルマや契約期間があることが多いです。

注文ノルマとは、一定期間に最低限購入しなければならない水の量のことです。

例えば、月に2本以上の水を購入しなければならないという場合があります。

契約期間とは、サーバーを借りる期間のことです。例えば、1年以上の契約をしなければならないという場合があります。

これらの条件は、メーカーが水代やサーバー代を確保するために設定されています。

しかし、これらの条件によって、自分の利用状況やニーズに合わない水を無理に購入したり、解約したくてもできなかったりすることがあります。

水質や味にバラつきがある

ウォーターサーバー無料の場合、水質や味にバラつきがあることがあります。

水質や味は、水の種類や産地、製造工程や保存方法などによって変わります。

しかし、ウォーターサーバー無料のメーカーは、コストを抑えるために、安価な水を使用したり、品質管理をおろそかにしたりすることがあります。

その結果、水に不純物やカビが混入したり、カルキ臭や鉄臭がしたりすることがあります。

また、水の味も薄かったり苦かったりすることがあります。これらの問題は、健康や美容にも悪影響を及ぼす可能性があります。

ウォーターサーバー無料のおすすめメーカー7選

ウォーターサーバー無料はメリットだけでなくデメリットもあることが分かりました。

しかし、中にはコスパの高いおすすめのメーカーもあります。ここでは、ウォーターサーバー無料の中でも評判の良いメーカーを7つご紹介します。

コスモウォーター

コスモウォーターは、日本最大級のウォーターサーバー会社です。天然水やRO水など10種類以上の水から選べます。

サーバー本体は無料でレンタルできますし、初期費用や配送料も無料です。また、サポートやアフターサービスも充実しています。

コスモウォーターの特徴は以下の通りです。

  • 水代:1,980円~2,980円(12L)
  • サーバー代:無料
  • 配送料:無料
  • 電気代:約500円
  • メンテナンス費:無料
  • 解約金:無料
  • 注文ノルマ:なし
  • 契約期間:なし

コスモウォーターの公式サイトは[こちら]です。

アクアクララ

アクアクララは、世界で最も売れているウォーターサーバー会社です。天然水やRO水など5種類の水から選べます。

サーバー本体は無料でレンタルできますし、初期費用や配送料も無料です。また、サポートやアフターサービスも充実しています。

アクアクララの特徴は以下の通りです。

  • 水代:2,160円~3,240円(12L)
  • サーバー代:無料
  • 配送料:無料
  • 電気代:約500円
  • メンテナンス費:無料
  • 解約金:無料
  • 注文ノルマ:なし
  • 契約期間:なし

アクアクララの公式サイトは[こちら]です。

プレミアムウォーター

プレミアムウォーターは、芸能人やモデルも愛用する高級ウォーターサーバー会社です。天然水やRO水など4種類の水から選べます。

サーバー本体は無料でレンタルできますし、初期費用や配送料も無料です。

また、サポートやアフターサービスも充実しています。

プレミアムウォーターの特徴は以下の通りです。

  • 水代:2,980円~3,980円(12L)
  • サーバー代:無料
  • 配送料:無料
  • 電気代:約500円
  • メンテナンス費:無料
  • 解約金:無料
  • 注文ノルマ:なし
  • 契約期間:なし

プレミアムウォーターの公式サイトは[こちら]です。

クリクラ

クリクラは、日本で最初にウォーターサーバーを導入した会社です。RO水や天然水など3種類の水から選べます。

サーバー本体は無料でレンタルできますし、初期費用や配送料も無料です。また、サポートやアフターサービスも充実しています。

クリクラの特徴は以下の通りです。

  • 水代:2,160円~2,700円(12L)
  • サーバー代:無料
  • 配送料:無料
  • 電気代:約500円
  • メンテナンス費:無料
  • 解約金:10,000円(契約期間内)
  • 注文ノルマ:なし
  • 契約期間:1年

クリクラの公式サイトは[こちら]です。

アルピナウォーター

アルピナウォーターは、北海道の天然水を使用したウォーターサーバー会社です。

天然水1種類のみの提供ですが、味や品質に定評があります。

サーバー本体は無料でレンタルできますし、初期費用や配送料も無料です。また、サポートやアフターサービスも充実しています。

アルピナウォーターの特徴は以下の通りです。

  • 水代:2,980円(12L)
  • サーバー代:無料
  • 配送料:無料
  • 電気代:約500円
  • メンテナンス費:無料
  • 解約金:10,000円(契約期間内)
  • 注文ノルマ:なし
  • 契約期間:1年

アルピナウォーターの公式サイトは[こちら]です。

クリティア

クリティアは、日本初の水道直結型ウォーターサーバー会社です。

水道水を高性能な浄水器で浄化して使用します。サーバー本体は無料でレンタルできますし、初期費用や配送料も無料です。

また、サポートやアフターサービスも充実しています。

クリティアの特徴は以下の通りです。

  • 水代:1,980円(無制限)
  • サーバー代:無料
  • 配送料:無料
  • 電気代:約500円
  • メンテナンス費:無料
  • 解約金:10,000円(契約期間内)
  • 注文ノルマ:なし
  • 契約期間:1年

クリティアの公式サイトは[こちら]です。

フレシャス

フレシャスは、ボトムロード式のウォーターサーバー会社です。天然水やRO水など3種類の水から選べます。サーバー本体は無料でレンタルできますし、初期費用や配送料も無料です。また、サポートやアフターサービスも充実しています。

フレシャスの特徴は以下の通りです。

  • 水代:2,160円~2,700円(12L)
  • サーバー代:無料
  • 配送料:無料
  • 電気代:約500円
  • メンテナンス費:無料
  • 解約金:10,000円(契約期間内)
  • 注文ノルマ:なし
  • 契約期間:1年

フレシャスの公式サイトは[こちら]です。

ウォーターサーバー無料を選ぶ際の注意点とは?

ウォーターサーバー無料を選ぶ際には、以下のような注意点があります。

  • 水質や味を確認する
  • トータルコストを比較する
  • 契約内容をよく読む

水質や味を確認する

ウォーターサーバー無料の場合、水質や味にバラつきがあることがあります。

そのため、自分の好みに合った水を選ぶことが大切です。水質や味を確認する方法としては、以下のようなものがあります。

  • 無料お試しキャンペーンに参加する
  • サンプル品を注文する
  • 口コミや評判を調べる

これらの方法で、水質や味に満足できるかどうか判断しましょう。

トータルコストを比較する

ウォーターサーバー無料の場合、サーバー代がかからないというメリットがありますが、それだけではなく、水代や電気代、メンテナンス費なども考慮しなければなりません。

また、解約金や契約期間なども注意しなければなりません。

そのため、ウォーターサーバー無料を選ぶ際には、トータルコストを比較することが大切です。

トータルコストを比較する方法としては、以下のようなものがあります。

  • シミュレーションツールを使う
  • 見積もりを取る
  • キャンペーンや割引を利用する

これらの方法で、自分の予算や利用状況に合ったプランを選びましょう。

契約内容をよく読む

ウォーターサーバー無料の場合、契約内容に注意しなければなりません。

契約内容には、以下のようなものが含まれます。

  • 注文ノルマ
  • 契約期間
  • 解約金
  • 更新方法
  • 保証内容

これらの内容は、メーカーやプランによって異なります。

特に、注文ノルマや契約期間、解約金は高額になることがあります。

そのため、契約内容をよく読んで、自分にとって不利な条件がないか確認しましょう。

まとめ

ウォーターサーバー無料とは、サーバー本体のレンタル料が無料になっていることを指します。

しかし、水代や電気代、メンテナンス費などもかかりますし、解約金や契約期間なども注意しなければなりません。

ウォーターサーバー無料にはメリットだけでなくデメリットもあります。

メリットとしては、サーバー代がかからないことやサーバー本体の種類が豊富であることなどが挙げられます。

デメリットとしては、水代や解約金が高いことや注文ノルマや契約期間があることなどが挙げられます。

ウォーターサーバー無料を選ぶ際には、水質や味を確認することやトータルコストを比較することや契約内容をよく読むことが大切です。

また、コスパの高いおすすめのメーカーもありますので、参考にしてみてください。

 

 

人気記事

豚肉の甘辛炒め弁当 まごころケア食 1

ウェルネスダイニングの商品が新しくなってさらに美味しくなった カロリー制限、塩分制限、たんぱく&塩分調整、糖質制限の4コースがパッケージも新しくなった   ウェルネスダイニング新工場 ...

-ウォーターサーバー